\お金借りるおすすめ1位/

トップページ

「今すぐお金が必要」
「内緒でお金を借りたい」
「近くの無人契約機で借りれる?」

当サイトでは、急ぎでお金が必要だけど、審査に自信がないという方へ借りれる大手の即日キャッシングをご案内します。無人契約機ですぐにお金を借りたいとお考えなら、即日融資のキャッシングを活用するという方法があります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
無人契約機ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「身内にバレたくない」「仕事場にバレたくない」とご心配の方へ。WEB完結できるカードローンのネット審査ならば、誰にも見られずに申し込みすることが可能です。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

キャッシング無人契約機の基礎知識コラム

キャッシング利用時は、勤め先と勤続年数を申し出なければなりません。債務者となる人物の返済能力の有無を確認する目的です。次に、職場に在籍を確認する為の電話等が入るのです。職場への連絡を嫌う人もいると想像できますが、今は消費者金融からの連絡だと分からないよう配慮をしてくれるでしょう。貸金業者は日本全国非常に数多く存在しており、日常的にCMを見たり街頭の看板を目にしている人もおそらく決して少ない数ではないかと思います。ですが、何となく知っていたとしてもご自身で融資をしてもらった経験はないという場合、かかる利息について等、色々分からないことも多いでしょう。まずはキャッシング業者のページを閲覧してみると本審査の前の簡易的な審査を試すことが出来たり返済していくにあたって大切なプランについてのシミュレートをスピーディーにおこなってくれますので安心です。生活費や遊興費などの資金に充てるだけでなく、高価な買い物で分割払いする際にもキャッシングが役に立ちます。一定期間は利息が無料のキャンペーンがあるキャッシング業者を選べば、返済の負担が少なくて済みます。こうした無利息の特典は新規契約時に限られることが多いです。しかし、完済後に時間をおけば再びキャンペーンを受けられる業者もありますので、参考にしてみてください。少額の借入希望であれば、免許証だけでキャッシングの申込手続きを済ませることができます。ですが、一定額以上の希望限度額を提示した場合や、個人事業主など、給与所得者でない方は、その他に収入証明ができる書類を用意しなければなりません。具体的にどのようなものかというと、会社員などは勤務先から源泉徴収票をもらっておくと、間違いありません。源泉徴収票を用意できないというケースでは、その他の年収を公的に証明できる書類(確定申告書や課税証明書など)が必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。初めてキャッシングをする場合、何を用意したらよいのか分からない人もいるでしょう。申し込みをする為には本人確認できる書類を用意しましょう。運転免許証があれば問題ありませんが、無い場合はパスポートや健康保険証を準備しておきましょう。なお、全ての書類ではなく、一つの書類があれば十分です。免許を持っている人なら、わざわざパスポートの申請をする必要はないわけですね。また、数は多くありませんが、住民基本台帳カードやマイナンバー個人番号カードでも契約できる業者も増えています。キャッシング申し込みの際は、キャッシング限度額もポイントになるものです。利用限度額が50万円以下の場合、本人確認の為に運転免許証を示すだけで契約することができるからです。しかし、利用限度額が50万円超であったり、他社借入額と合算して100万円を超すと、収入証明書を提出する必要があり、事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。いわゆる貸金業法は近年改正されたので、キャッシングの金利は、どこの金融機関でも改正前より引き下げられました。法改正の前にお金を借りている方は、過払い金返還請求ができるかもしれません。返還請求には時効があります。つまり、もしかしたらと思うなら、完済でも返済を続けていても時間をおかずに法律のプロに遠慮なく相談し、返還のための手続きに取りかかるのがオススメです。お得にキャッシングを利用するには、利率だけでなく手数料や返済方法も考慮するといいでしょう。返済は、一括返済と分割返済に分かれています。資金に余裕があれば、一括返済が良いでしょう。借入期間が短いので同じ年利なら当然ながら、安くなります。でも、額によっては一括は厳しいです。それなら分割払いはどうでしょう。総支払い額こそ増えますが、分割の回数を選べるので、収入に対する支出を、無理のない程度に抑えることができるのです。自分のライフスタイルにフィットする返済方法を選ぶことがストレスなくキャッシングを使うコツでしょう。お金を貸すと、頭を悩ませることになるかもしれません。名前だけと思っていてもダメです。キャッシングを利用しようとすると年収証明書類を提出するように言われることがあります。提出後、さらに年収の3分の1が借りられる額の上限でしょう。そうすると、思いつくのは他人の名前を騙って即日でお金を借りることでしょう。ただ、これもお金を貸してもらうのと同じような事ですから、止めておいた方がいいでしょう。キャッシングの利用を初めて申し込む場合にはキャッシングを希望する額を書く必要があります。金額をいくらに決めるかは迷う部分ですが、最初の申込の時点であまり高い金額を提示してしまった場合には希望のキャッシングが受けられないかもしれません。最初ですから、可能な限り希望額はそれほど多くない額にして、そのお金を返済して実績を作ってからもっと多い金額を申請するという方法が存在します。借りたお金を全額一括で返済できるのなら、無利息期間があるような良心的な金融業者を利用すると、普通なら必要なお金がかかりません。無利息期間中に借りたお金を全額返済できれば利息が一円も発生しないということになりますので、これはたいへんお得で便利なサービスなのです。一括での返済が難しいような場合であっても、利息がいらない期間を設けているような会社ならお金を借りる際有利な点も多いようなので、詳しく比較検討してみることをお勧めします。この間、旅行先で某地方に訪れた時のことです。夜遅くにお金を下ろしに行こうとコンビニへ足を運んだのですが私が現在使用中である地方銀行の夜間にキャッシュカードを使うことは不可能でした。けれど、どうなってもお金が必要でしたのでセディナのクレジットカードでキャッシングを使用しました。どうしていいか迷っていたのでかなり助けられました。キャッシングは借り換えが自由にできることも人気の理由の一つです。仮に、いい条件で借りることができる所があるなら、そこから借金をして、前の会社からの借金を返せばOKです。このように借り換えを使えば、より都合のよい条件で利用できることもあります。生活の中で急に大金が必要になる時と言えば、入院や怪我もそうですが、意外とお金がかかるのが引っ越しなんです。前もって分かっている引っ越しなら心構えもできていそうなものですが、突然の辞令で、早急に引っ越しの準備をしなければならない時もあります。経験者の中には、費用を用意立てするのがとても苦しかったと感じている人も多くいます。このような事態に備えて、キャッシングの利用をおススメします。業者によっては30分でお金を借りられますし、低金利で使いやすいサービスもあるので、上手に運用すればとても心強いでしょう。キャッシングや即日カードローンなどの貸金業は、法律によってきちんと管理されています。例えば数年前の改訂では金利の上限値は以前より下がりました。といっても、利息制限法における上限は18.0%なのが、条件を満たした業者が登録すれば「29.2%」以下なら貸付ができるという状態でした。「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。黒でも白でもないということで、グレーゾーンと呼ばれているのはそのためです。最近頻繁に耳にする『過払い請求』というのは、利用者が払い過ぎた金利部分を返金してもらうものです。専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス